パントガールと通販購入のメリット

パントガールと通販購入のメリット

パントガールは女性の薄毛を改善するための医薬品です。女性向けの薄毛治療の薬は珍しいですが、昨今では薄毛に悩む女性も増えており、そのような人向けに販売が行われています。
ここではパントガールという商品と、通販で購入することのメリットについて紹介します。

パントガールとはどんな商品か

パントガール 通販

パントガールは元々海外で処方薬として利用されている、女性の薄毛治療の薬です。製造元はMerzというドイツの会社が製造開発を行っています。

Merzはアルツハイマーやスキンケアなど、様々な領域で薬の開発を行っている製薬企業です。

海外でも少しずつ人気が出てきたことと、日本国内でも女性で薄毛に悩む人が増えてきたことから、日本国内の複数の美容クリニックが取り扱いを開始しました。

現在では、女性の薄毛の治療に使用できる医薬品成分で日本国内で承認が下りているものは「ミノキシジル」だけで、それ以外の成分はまだ承認されていません。

そのような状態なので、女性も薄毛の悩みを解消する方法が少なく、また情報自体も少ないのが現状でした。

パントガールの登場と日本での認知度向上によって、国内でも少しずつ利用する人が増えている薬です。

とはいえ、女性の薄毛自体がまだまだ研究段階で、実際に男性のように薄毛の原因が明確になっているわけではありません。

そのためパントガールも現段階では主に、びまん性脱毛症を対象に利用されることが多いです。

び漫性脱毛症とはどんな薄毛なのか

び漫性脱毛症とは、女性のみに見られる脱毛症です。現在では、女性の薄毛の多くがこのび漫性脱毛症に当てはまる可能性が高いです。
(その他には産後にどうしても発症してしまう分娩後脱毛症などがあります、)

主な症状としては、髪の毛全体が薄くなっていく症状のことです。

年齢などで身体の機能が少しずつ低下すると、髪の毛を成長させる力も鈍化します。

そうするとだんだん髪の毛が薄くなっていき、薄毛が目立つようになります。

び漫性脱毛症の症状としては、このような老化を原因とした脱毛症に近いです。

び漫性脱毛症の原因は、老化によって低下する身体の機能や、年齢とともに体内で増減する物質と何か関連があるのでは、と考えられていますが、現在では原因はまだはっきりとはしていません。

ただ、男性の薄毛のメカニズムにも少し似ているところがあることから、最近ではび漫性脱毛症のことをFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ぶこともあります。(男性型脱毛症AGAと対比して)

男性の場合は、髪の毛の成長を阻害する男性ホルモンが特定できており、これが増えると薄毛が進行し、少ないと薄毛にならない、というのが少しずつ分かってきています。

また、この原因の男性ホルモンが体内で多くなくとも、髪の毛の成長自体が弱まると、同じような症状になりやすいと言われています。

男性ホルモンによる阻害と、持って生まれた髪の毛の成長力、この二つの掛け合わせでAGAが発症する年齢や、年齢と髪の毛の薄毛の進行度が明らかとなってきますが、この辺りの考え方が女性の脱毛症にも通じると言われています。

女性の薄毛もまた、本人の持って生まれた髪の毛の成長力と、成長を阻害するなんらかの要因が関わって、び漫性脱毛症が発症すると言われています。

特に年を取ると、女性ホルモンが減少し、女性なら誰でも持っているわずかな男性ホルモンが、少しずつ存在感を増してしまいます。

その影響で男性型脱毛症と同じような薄毛が進行すると考えられており、女性に多いび漫性脱毛症もこのあたりメカニズムは近いしいのでは、ということからFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるようになったのです。

パントガールは、現在はこのび漫性脱毛症、またはFAGA(女性男性型脱毛症)を中心に利用されています。

※パントガールは上記以外の薄毛の症状でも使用が検討できます。
パントガールは薄毛の原因をブロックしたり、何か身体の機能を促進したりするような働きよりも、髪の毛を構成する際に必要な成分を多く含んだ薬となっています。効果が医薬品の割にはマイルドなので、上記以外での使用も十分検討できます。

パントガールの有効成分について

パントガールは何種類もの有効成分を組み合わせて生成されています。

入っている成分は全ての髪を構成する際に必要になる成分です。

サプリメントの服用などでよく言われるのが、この成分のバランスを考慮した服用の重要性です。

例えば、ダイエットで余分な脂肪の燃焼を助ける「カルニチン」という成分があるとします。

「カルニチン」は体内で「リジン」という成分から作られるとします。

そこで、カルニチンを大量に身体に生成させるために「リジン」を大量摂取しても、「カルニチン」は正しく生成されず、「リジン」の大部分は排泄されてしまいます。

うまくリジンが身体でカルニチンに変わってくれないのは、各栄養素の吸収における相互作用が関わっているからです。

リジンは確かにカルニチンを生成するのですが、一方で生成の際にはビタミンCを必要とし、これが不足するといくら体内に入れてもカルニチンの生成が行われないのです。

実は髪の毛にも同じようなことが言えます。

髪の毛は大部分がタンパク質でできてはいますが、吸収し髪の毛を生成するためには様々な成分が必要となるのです。

パントガールはこれらの重要な成分がまとめて入っている薬となります。

以下が具体的な成分です。

  • ケラチン
  • パントテン酸カルシウム
  • L-シスチン
  • パラアミノ安息香酸
  • ビタミン B1(チアミン)
  • 薬用酵母

ケラチン

髪の毛は実はタンパク質でできているため、髪の毛を成長させるにはタンパク質の摂取が欠かせません。

ケラチンはタンパク質で、なんと髪の毛の実に90%を占める成分です。

ケラチンなしでは髪の毛は成り立たないと言って良いほど、重要な成分です。

その他にも爪等を構成している成分がケラチンです。

パントテン酸カルシウム

糖分、脂質、タンパク質など、様々な成分の代謝に欠かせない成分で、皮膚の形成などにも役立ちます。

ビタミンB1(チアミン)

主に糖分の代謝に関わっていて、不足すると血液の循環が悪くなります。髪の毛の成長は頭皮の血行が関わっているため、このビタミンB1を常に摂取していることは重要です。

薬用酵母

ビール酵母を元に生成されています。同じく必要なアミノ酸、ミネラル、ビタミンを含んでいます。

L-シスチン

髪の毛の主成分ケラチンを構成するアミノ酸です。

パラアミノ安息香酸

美肌等の効果もささやかれていますが、ここでは細胞分裂を促す葉酸を体内で作り出すために必要な成分として利用されています。

パントガールを通販で購入するメリットとは?

パントガールは現在、2つの方法で購入が可能です。

  • 国内の美容クリニックで購入する
  • 海外の個人輸入サービス経由で通販購入する

現在、多くの美容クリニックがパントガールを取り扱っています。

医師の診断のもと、び漫性脱毛症であったり、パントガールを使用した方が改善できる可能性がある場合は、パントガールが処方されるでしょう。

一方で、海外の個人輸入サポート業者は、通販サイトのようなかたちで個人輸入をサポートしています。

現在は決められた容量以下であれば、薬を個人で輸入することが可能です。

その際は処方箋も必要がありません。

この場合は、クリニックなどを経由しないことから、価格が安くなり、かつ通販購入のように家まで届けてくれるので非常に便利です。

この両者の違いとしては、安心と価格のどちらを取るか、という点です。

国内クリニックであれば、医師の診断とクリニック経由ということで、安心して購入ができます。

しかし、その分価格が少し高くなってしまうところがデメリットです。

一方で個人輸入を行う場合は、様々なリスクがつきまといます。

パントガールはそれほど危険ではありませんが、まず薬は副作用等があって取り扱いが難しいものです。

医師の診断なしに購入し、併用禁忌の薬を飲んでしまっていたら、大変なことになります。

また、薬自体が本物かどうか、判断が難しいということもあります。

海外からの取り寄せの場合、日本の消費者庁は消費者を守ることが難しく、万が一偽物を掴まされても、泣き寝入りするしかないのです。

更に薬によっては、偽物かどうかすら分からないことも多いのです。

このようなリスクはありますが、一方で確かに価格が安いというのも事実です。

最終的には下記のメリット・デメリットをよく理解し、判断するとよいでしょう。

クリニック購入の場合

  • メリット
  • 医師や医療機関を経由するので安心して購入が可能

  • デメリット
  • 価格が高くなりやすい

海外から個人輸入で購入する場合

  • メリット
  • 国内クリニックを経由しないので非常に安い

  • デメリット
  • 薬自体のリスクや偽物を掴むリスク等がある

よくあるケースとしては、一度クリニックで購入してから、慣れてきたら個人輸入に切り替える方法ですね。

定期的に病院で診てもらうことも、忘れないようにしましょう。

薬の個人輸入はどんな仕組みなのか

海外から薬を個人輸入するというのはどんな仕組みになっているのか、簡単に解説します。

元々は日本に住む外国人が、日本で承認されていない薬を服用しなければならないケースを想定して、一定の量であれば海外から購入してもよい、という仕組みを作っていました。

現在はそれが認知されてしまい、日本人でも海外から薬を個人輸入する人が増えてしまったのです。

現在は厚生労働省はこの実態を把握していて、病院での購入を促す一方で、それでも個人輸入する人については自己責任の範囲で行うように呼びかけています。

ただし偽物や危険な薬を掴むことについては、かなり厚生労働省も注意を呼びかけていて、最新の危険ドラッグなどの情報が厚生労働省内のページでも更新されています。

間違っても上記で注意勧告されているような薬は買わないようにしましょう。(多くはハーブとか、製薬企業でないよくわからないメーカーが製造しているものも多いです)

実際の購入に当たっては、本当に国内の通販サイトを利用するのと同じぐらい簡単に購入ができます。

海外の事業者がサイトを公開しているので、そこで決済を行い注文をするだけです。登録した住所に海外から商品を発送してくれます。

多くは海外にある企業なのですが、サイトは日本語でお問い合わせも日本語で対応してくれます。

サイトには企業名や所在地、その他利用規約などのが記載されていますので、あらかじめ簡単にチェックしておくことをお勧めします。

またインターネットでも評判がまとめられているサイトがありますので、なるべく多くチェックして無難なところを選ぶようにしましょう。

上記を確認すれば、ひとまず個人輸入を代行してくれている業者のなかで、悪い業者に当たることを回避できると思います。

それ以外では、薬の製造元もしっかりチェックしましょう。まずちゃんと英語でもコーポレートサイトがある製薬企業を選びましょう。

株式公開などをしている、安心して利用できる会社が製造している薬を選ぶと安心ですね。

あとは購入の際もしっかりと製造元をチェックしましょう。稀によく似たパッケージで違う会社が製造している場合もあります。

例えばパントガールは、ドイツのメルツ(Merz)という会社の商品ですので、ちゃんと製造元がここになっているかを確認しましょう。

上記をしっかりチェックすれば、ある程度安心して購入ができますね。

また業者によっては、配送保証(届かなかったら全額負担)などを行ってくれるような業者もあるようです。ぜひ探してみてください。

海外の医薬品の通販サイトの参考はこちらです。

様々な薬が並んでいることが確認できます。薄毛治療ではプロペシアやプロペシアのジェネリックとして有名なフィンペシアなどが揃っています。もちろんパントガールの取り扱いもあるようです。

パントガールの通販ページはこちらから

もう一つの育毛成分であるミノキシジルについても、海外の通販サイトから購入が可能です。

女性はミノキシジル育毛剤の利用が可能です。ミノキシジル育毛剤の商品を調べるにはこちらを参考にしてみてください。